FC2ブログ
  スポンサーサイト  
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  リベンジ  
2005.10.16.Sun / 22:50 
b.jpg
今日は東予地方のOエリア。W教官の予想どおり東から風が入っていた。平均3.5m/sで初心者の私には最高の風だ。先週の失敗を教訓に「一発で決める」という考え方を捨て、「何度失敗してもいい、エンジングラハンのつもりで走り、浮いてもよし浮かなくてもよし」という考え方に切り替えるようW教官に指導された。しかしこれでだいぶ気が楽になった。失敗=教官に迷惑をかける、自分もしんどい.....という考え方が頭にあったがツリーランしたり飛行機材を壊すことを考えれば何度失敗しても安全にテイクオフした方が良いに決まっている。

今日は海のほうから斜めに風が入っていたのでリバースで上げて偏流気味にテイクオフ。今までフロントしかしたことがなかったので楽にテイクオフできた。そのまま高度を上げて100メートルで場周経路を1周してからさらに高度を上げ、最終的には500メートルまで上げた。ここまで上げると地上はおろか高度100メートルとも別世界だ。天気が良くて空気も澄んでいたので遠くまでよく見通すことができ、しまなみ海道の吊り橋が美しく見えた。下を見下ろせば遙か下をかもめが飛んでいる。やっと"空の人"になった気分だ。

ランディングアプローチはベースレグ付近で8の字やS字旋回、360度旋回をして高度処理をした。およそ100メートルでエンジンを停止し、もう一度S字旋回をしてからファイナルアプローチに入った。W教官の無線誘導なので全く不安なく高度処理&アプローチができ、いいところにランディングできたが自分ではまだまだできない。着地はまたもやしりもちをついてしまった。前回よりは早めにブレークを引いたので接地したときの衝撃はほとんどなかったがなぜかうまくいかない。今度こそ.....。

今日の飛行時間は約30分。ほとんど疲れはないと思うがスロットルを持つ手がかなりしんどかった。また帰ってから左の二の腕がかなりだるくなっていた。これは右偏向を押さえるために左のブレークコードをほぼ引きっぱなし状態だったからだろう。

まだ日も高く、体力が残っていたので今度は自分のユニットを背負ってエンジングラハン。風がだんだん弱くなってきたのでフロントライズアップに切り替えた。徐々にアクセルを開けながら後傾姿勢で走るがなかなか浮力を感じない。恐る恐るさらにアクセルを開けていくと4500rpmを過ぎたあたりから急激にパワーが盛り上がり、そこからはすぐに浮いてしまった。そのまま低高度で100メートルほど飛んだが、このユニットはパワーがある上ハングポイントが低いので右偏向が強く出る。100メートルのあいだにもフラフラとローリングしてしまった。

今日は初めての高々度だったが、まだ場周飛行の段階なので飛行機でいえばトラフィックパターンを繰り返し飛ぶ練習をしているような感じ。早く"遊覧飛行"が出来るようになりたいと思う。今日初めて自分のテイクオフのビデオを見たが、何ともブサイクでとろくさくて格好悪いテイクオフだった。今までいろんな人の初飛び映像をネットで見て笑っていたが他人事ではなかった。自分もかなりブサイクだった。(^_^;) もうちょっとカッコよく走れるように頑張ろうと思う。

フライト時間34分 累積フライト時間45分

スポンサーサイト
No.54 / 教習 /  コメント(-) /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
TRACKBACK TO THIS ENTRY

FC2カウンター

プロフィール

Pits

Author:Pits
キャノピー : MAC PARA EDEN2
ユニット:プロト(シモニーニ ミニ4)

カレンダー

12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

CopyRight 2006 PPGフライトログブック All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。