FC2ブログ
  スポンサーサイト  
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
2005.10.02.Sun / 22:43 
w.jpg
午前中クラブハウスに集合してハングチェック。各ベルトの調整をしてIエリアに移動した。結局プロペラが間に合わなかったのと初めてのユニットなので幾つかの特性が分かるまでは教官がテストフライトされるということなので教官のユニットをしばらくお借りすることになった。

今日は風が弱く、風速計では0.6~1m/sといったところ。フロントライスアップでテイクオフを試みるが何度やっても失敗する。パワーを使うと予想以上にプロペラの反動トルクがでて進路が右にずれていってしまう。というより反動トルクのことを忘れてしまっていたというのが正直なところ。あともうひとつの大きな原因は、、、、、ビビってしまっていたこと。このため的確な判断ができず、反動トルクのことも忘れ、また緊張して体がガチガチになってしまっていた。

途中風待ちのあいだに教官の車のタープの下でLAAのフライト教習編にそって理論講習をしていただいた。

5~6回チャレンジしてだいぶ日も傾き、雲行きも怪しくなってきたので教官に「これ失敗したらやめよう。」と言われて気合いを入れた。反動トルクのこともしっかり頭に入れてラストチャレンジ。ちょうどいい風(2m程度か)が吹いてきたので思い切って走った。ライズアップもうまくいきパワーオン!軽くブレークを当てるとフワッと浮き上がった。上空では教官が「いいぞー、その調子。ちょっと右引いて。」という具合に常に無線で指示を与えてくれていたので全く慌てることなく落ち着いた精神状態でいられた。初めてのフライトでいつパニックに陥ってもおかしくない状況でこの無線誘導には助けられた。

徐々に高度を上げ、100メートルで場周飛行を2周ほどした。時間的には15分程度。心配していた高所恐怖症は全く出ず、むしろ楽しかった。途中何度か風にあおられてローリングしそうになったが反射的にブレークを当てて修正していた。これはグラハンとトーイング、そしてイメージトレーニングの成果だと思う。上空で「反射的に出来るもんなんや!」と妙に納得してしまっていた。以外にも景色を見る余裕があったが、天気が悪く日も暮れかかっていたので次回のお楽しみにしたいと思う。ランディングは失敗してしりもちを付いてしまった。フレアーのタイミングが遅く、また当てかたも少なかったらしい。次回はちゃんと足でランディングしたいと思う。

初フライトの感触としては昔ハワイでしたセスナの体験操縦と似たような感覚だった。揺れかたやエンジン音など気分的にはほとんど同じだったと思う。違うことと言えば自分一人で操縦して飛んでいること、アゲンストでは対地速度が遅いなーと感じたことくらい。飛行機では一度も怖いと思ったことがなかったし、常に楽しめたので今日も似たような感覚だったと思う。ただ、自分一人で飛んでいることと体が外に出ていることで若干の恐怖心はあったと思うがそれを上回る喜びで打ち消されていた。

今まで熱心に、また寸暇を惜しんで指導してくださったW教官にこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。これからもW教官に寸暇はありませんのでよろしくお願いします。(^_^)

今までのグラハンも結構楽しかったがこれからが本当の楽しみだ!真夏の炎天下で汗だくになって練習したかいがあったと思う。ギャラリーがほとんどいなくてちょっと寂しいファーストフライトではあったが無様な姿を見られずにすんだのでよしとしよう!W教官、これからもよろしくお願いします。

(画像はデジカメの動画からキャプチャーしたものなので大変見苦しいです。)

フライト時間11分

スポンサーサイト
No.49 / 教習 /  コメント(-) /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
TRACKBACK TO THIS ENTRY

FC2カウンター

プロフィール

Pits

Author:Pits
キャノピー : MAC PARA EDEN2
ユニット:プロト(シモニーニ ミニ4)

カレンダー

12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

CopyRight 2006 PPGフライトログブック All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。